スキンケアにはリンパマッサージ

スキンケアでは、お肌をキレイにするための代謝機能を高めることを目標にします。代謝機能というのは具体的には皮膚の内部にある血液やリンパ液の循環をよくし、皮膚の再生サイクルを早くしてゆくということです。健康な肌とは、肌質に水分が潤沢に含まれており、また常に内側から新しい皮膚細胞が作り出されていくという状態です。加齢とともに肌年齢が衰えるということはこの代謝機能が衰え、いつまでも古い細胞(角質)が肌表面にあるという状態になるということです。
私たちの全身には、血液の静脈とほぼ同じ流れでリンパ管が張り巡らされています。そしてこの中を通るリンパ液が老廃物や毒素を体の外側に運び出し、ろ過をしてくれています。疲れたときや運動不足になってしまっていたりすると、このリンパの流れが悪くなるので、リンパ液が停滞してむくみが起こりやすくなってしまいます。
スキンケアに有効なリンパ液の循環を高めるには、入浴後の体が温まった時に行うマッサージが効果的です。リンパ管は特に「首」「膝の裏」「わきの下」「そけい部から腰骨のあたり」に太くなっています。ここを重点的にマッサージしていきましょう。
また、マッサージ効果を高めるには、専用のマッサージオイルを使うとよいでしょう。マッサージオイルを使うと肌の滑りがよくなり、さらに肌に浸透して健康保湿成分を作り出します。一般的なマッサージオイルの種類としてはホホバオイルやオリーブオイルがあります。