まぶたのたるみは危険

顔に起こるたるみが起こりやすいのは、まぶたの部分です。まぶたのたるみとは、肌の弾力が失われ、顔に張り巡らされている表情筋という筋肉が衰えてくることで起こります。まぶたの脂肪や皮膚をささえる力が弱くなってくると、重力に負けて下がっていってしまいます。
まぶたのたるみは、加齢だけで起こるものではありません。コンタクトレンズの長期利用やアイラインなどアイメイクによる肌へのダメージの蓄積も大きな要素となってしまいます。最近ではつけまつげをメイクに多用する人も増えてきていますが、数年後まぶたの皮膚や筋肉が衰えてきたときには、たるみの原因となってしまうことが心配されています。まぶたのたるみが進みすぎてしまうと、「まぶた下垂」という症状が起こってしまい、頭痛や肩こり、吐き気といった他の病気につながってしまいます。
まぶたのたるみは大きく進むと、自力での改善が難しくなってしまいます。まぶたのたるみが過度であるかとどうかは、目を開いた状態でまぶたの下がりを感じるかどうかで判断します。真っ直ぐ前を向いてもまぶたが下がっていると感じる場合には、まずは美容クリニックよりも眼科医の診断を受けるようにした方がよいでしょう。
美容としてのたるみケアは、病気としてのまぶた下垂を治療してから行うことになります。まぶた下垂として診断された場合には、健康保険の対象として扱われるので医療費の補助を受けることができます。治療は簡単なのでぜひ一度受診をしましょう。